自宅で治療を受けられるサービス

>

在宅医療を受けるために

この記事をシェアする

医療保険を適応可能

病院へ通院や入院する際と同じで、在宅医療でも医療保険を適応できます。
負担割合も通常と変化がなく、75歳以上なら1割、70歳から74歳は2割、70歳未満は3割です。
さらに毎月の負担が自己負担限度額を超えた場合は、申請することで払い戻しがされる高額療養費制度も用意されており、金銭的な負担を大幅に減らせる面が嬉しいですね。

在宅医療の細かい料金は、診療の内容や患者の年齢によって変化します。
ただ1割負担で毎月2回在宅医療を活用する人は、5000円から12000円ぐらいの料金になると覚えておきましょう。
しかしこれは訪問診療の基本料金のみで、実際に在宅医療を活用する場合は、薬代などが別途で発生し、これよりも少し高くなります。

介護サービスを依頼しよう

在宅医療をしている人は、介護サービスも依頼すると思います。
介護サービスは医療保険ではなく、介護保険を適応します。
患者の要介護認定のレベルによって支給限度額や、受けられるサービス内容が変わるので詳しいことは医師に尋ねてください。
ちなみに支払い限度額は、要介護支援が1の患者は毎月50000円前後、要介護認定が5の人は毎月360000円前後です。
しかし地域によって、支払い限度額は微妙に変わります。

様々な保険を組み合わせて、金銭的な負担と精神的な負担を減らしてください。
これまでは家族が介護を負担していたかもしれませんが、やはり負担やストレスが大きいです。
在宅医療を利用する機会に、介護サービスも専門機関に任せましょう。