自宅で治療を受けられるサービス

>

患者に合う病院を探そう

この記事をシェアする

実績が豊富な医師に任せたい

まずは、自宅から近いというのが条件です。
在宅医療を受けられるのは、病院から16キロ以内の範囲と決められています。
この距離を超えても在宅医療を受けられる場合がありますが、すると保険を適応できないので、かなり高額な出費になってしまいます。
16キロ以内だと車で片道20分ぐらいなので、目安にしましょう。

さらに在宅医療の経験が豊富だったり、同じ病気を治療したことがあったりする医師に治療を任せてください。
すると万が一の事態が訪れても冷静に対処してくれるので、悪化する心配はありません。
病院を決める時は、同時に医師の情報もチェックしましょう。
少しでも治療や診察を任せるのが不安だと思ったら、別の病院や医師を選んでください。

いつでも連絡できるように

できるだけ24時間365日連絡ができる病院で、在宅医療を受けてください。
患者の容体は、いつ急変するかわかりません。
休日や深夜でも連絡ができるよう、対応してもらえる時間も事前に確認しましょう。
そして最後に確認するのは、医師との相性です。
実力が高くても患者と医師の相性が悪いと思ったら、別の医師に変更できないか相談しましょう。

相手の医師に気を遣うかもしれませんが、我慢すると患者にとって大きなストレスになってしまいます。
それが病気の悪化に繋がるので、医師との相性に問題があれば早い段階で伝えることをおすすめします。
実際に医師とコミュニケーションを取らなければわからないので、積極的に交流することを意識しましょう。